乾燥肌を改善させる化粧水~角質層を柔らかくして水分補給~

肌のバリアが低下する症状

鏡を見る女の人

引き起こされる原因

冬の寒い季節になると、敏感肌の症状で悩まされる人は多くいます。この敏感肌とは、肌のバリア機能が落ちて、肌トラブルがおきやすい状態の肌のことです。そもそも冬は、一年の中でも一番空気が乾燥している季節です。また、寒さから体を守る為に、室内で暖房器具を長時間使用することになります。したがって、こちらが想像している以上に皮膚は乾燥にさらされているのです。乾燥した環境にいると、皮膚の表面にあるバリア機能がある皮脂が減ります。よって、外部から刺激物が侵入しやすく、肌トラブルが引き起こされ易くなるのです。具体的な敏感肌の症状は、乾燥、かゆみや炎症、化粧水がしみるなどが有ります。その他にも、ニキビ、肌荒れがひどくなるなどもあります。

スキンケアの正しい方法

敏感肌になった場合は、症状を改善するために正しいスキンケアを行う事が大事です。まず、クレンジングについては、オイルクレンジング剤を使うのはやめた方が良いです。というのも、オイルクレンジングには、肌のバリアとなる必要な皮脂まで落とすからです。その点、ミルクやクリームのクレンジングならば、潤いを残しながらメイクが落とせます。替えてみましょう。それと、メイクを落とす際は、必ずぬるま湯で洗い流すこともポイントです。熱いお湯で洗顔をしてしまうと、肌に必要な皮脂や水分も洗い流すからです。それで、肌がますます乾燥してしまいます。洗顔後には、すぐに敏感肌用の保湿効果の高い化粧水でケアすることが大事です。というのも、そのまま放置すると、肌についた水分が急速に蒸発して乾燥するからです。